まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

NEM(ネム)のカタパルトの内容は?それによって価格はどうなるのか?

仮想通貨のネムには、カタパルトという期待の大型アップデートが控えています。カタパルトでは、ネムの秒間トランザクション処理が4000まで上がるのを筆頭に、機能面の大幅強化が行われます。

カタパルトの内容、実行された場合、価格にどのような影響が与えられるのかを解説していきます。

ネムの基本情報の確認

ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目指す仮想通貨のプロジェクトの一つです。ネムはプロジェクトの名称で、通貨の名前は、ゼム(XEM)になります。

・単位:XEM(ゼム)
・発行上限:8,999,999,999
・ブロック生成:1分
・秒間トランザクション処理速度:2
・取り扱い取引所:zaif

ネムは日本での人気が高く、zaifを運営するテックビューロ株式会社と関係が深いことも知られています。ネムの取引量が最も多い取引所もzaifになります。

majimoney.hatenablog.jp

カタパルトとは

カタパルトは、ネムの機能を大幅に強化するアップデートの名称です。カタパルトの中でも、もっとも注目されているのが、秒間トランザクションが4000まで処理が可能になる、という点です。

上に、ネムの現在の秒間トランザクションが2でしかないという点を紹介しましたが、それが一気に4000になるのです。

トランザクションの処理能力は、ビットコインの送金詰まりで注目されるようになりました。ビットコインの取引量が増大した結果、トランザクションの処理が追い付かなくなり、送金時間の大幅な遅延と、それを避けるために手数料を多めに支払わないといけないという問題が顕在化しました。

仮想通貨は、手数料の安さ、国際送金の容易さが特徴だったのですが、スケーラビリティ問題のせいで、それがいかせていないのが現状です。

仮想通貨は、もともとトランザクションの処理能力が低いのです。ビットコインの秒間トランザクション処理は6から7程度です。支払いに使用するクレジットカードの場合、これが4000から6000もあります。

絶望的な開きに思えますが、ネムにカタパルトが実装されれば、クレジットカードと同等近い数値にまで近づきます。もちろん、秒間4000の処理が可能であれば、スケーラビリティ問題とも無縁です。

トランザクション処理という点では、ネムは他の仮想通貨に大きく溝をあけ、クレジットカードと競えるほどの性能をえることになります。

カタパルトの内容はこれにととどまらず、アグリゲート・トランザクションの導入など多岐わたっています。技術的で理解の難しいものが多いのですが、いずれもネムの機能を大幅に強化するものです。

実装はいつになる?

気になるカタパルトの実装時期ですが、2018年中としかわかっていません。カタパルト自体は早い段階から話題になり、ネムユーザーから実装を待ち望む声が聞かれていました。

一時は2017年夏に実装という噂もありましたが、2018年にはいった今も、まだ実装にはいたっていません。しかし、2017年終わりに、mijinでカタパルトの試験導入が始まっています。開発はしっかりと進んでいるようです。

カタパルトがいつになるのかは、もうすぐ、近々、というように常に噂がでるような状況です。それだけ期待されているといえますが、ネム財団からの公式発表がないと、具体的な時期はわかりません。

価格のつり上げのために意図的な噂が流される可能性もあるので、注意が必要です。

カタパルトでネムの価格はどうなる?

期待の大型アップデート、カタパルトでネムの価格はどう動くのでしょうか? 仮想通貨では何がおこるかわからないので、絶対に価格が上がるとは言えませんが、ネムにとってカタパルトがプラス要因であることは間違いありません。

気になるのは、カタパルトがいつになるのかという点ですが、これは上記のとおり2018年予定としかわかっていません。

仮想通貨のアップデートやハードフォークが行われる場合、多くはその前から買いが集まり、価格が上昇していく傾向にあります。そして、実装時には価格が頂点に達し、利益確定の売りから価格が急落するというのも、よくみられる動きです。

カタパルトの実装時期が明確になれば、事前に仕込むことで利益を狙うこともできそうです。しかし、カタパルトの導入時期は何度も噂になっては消えるというのを繰り返しています。正確な時期をつかむことが重要になります。

短期的な利益を狙わない場合でも、カタパルトによる価格の底上げには期待が持てそうです。単純に、機能面が大幅に強化されるというのは、やはりプラスの材料になります。

カタパルトの実装を見越し、早いうちからネムを仕込んでおくのも手かもしれません。しかし、2018年は規制の話も多く、価格のブレが激しくなっています。この点は注意が必要です。

まとめ

ネムを大幅に強化するカタパルトですが、まだ、実装時期は未定です。

カタパルト実装を待ち望む声も多く、実際に実装されればネムの価格に大きな影響を与えることになりそうです。

リスクを許容できるなら、早いうちからネムを買っておくのも手です。