まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

ビットポイントの高性能取引ツールを徹底解説

f:id:majimoney:20181105075507j:plain

ビットポイントでは、高性能チャートシステムであるメタトレーダー4を利用することができます。

仮想通貨取引所の取引ツールは、あまり良いものがない印象が強く、テクニカル分析をしたい人には満足できないかもしれません。そういう人におすすめなのが、メタトレーダー4です。

ビットポイントでメタトレーダー4を利用する上での注意点、メタトレーダー4について解説します。

>>>ビットポイントの公式サイトはこちら

ビットポイントとは

f:id:majimoney:20181105075658j:plain

ビットポイントでは、取引ツールにメタトレーダー4が使えます。しかし、実際に取引に使用できるのは、ビットポイントFX取引のみです。現物取引、レバレッジ取引ではメタトレーダー4は利用できません。

また、実際にダウンロードして使用するのはメタトレーダー5です。メタトレーダー5は4のアップグレート版で、5と4との間に大きな違いはありません。

ビットポイントFX取引でトレードできる仮想通貨は、ビットコインだけになります。法定通貨とのペアは、日本円、米ドル、ユーロ、香港ドルとありますが、ほとんどの人には関係ないことでしょう。

メタ4を使う前提となる部分なので、ビットポイントFX取引について、少し解説します。

  • 注文方法:成行、指値、逆指値、IFD,OCO,IFD‐OCO、トレイリングストップ
  • 取引時間:24時間365日(メンテナンス時を除く)
  • 注文単位:0.01BTC ・1注文の上限:10BTC ・レバレッジ:2倍、5倍、10倍、25倍から選択
  • スワップ手数料:0.035%(新規建て時、建玉を翌日に持ち越し時)
  • スプレッド:変動制 ・両建て:不可 ・ロスカット:証拠金維持率100%未満

仮想通貨の取引は、24時間365日おこなえるのが特徴です。FX取引となっていますが、土日もトレードできます。

レバレッジは、最大25倍が選択できます。

注意したいのが手数料の点です。ビットポイントFX取引は取引手数料無料となっていますが、これには上記のスワップ手数料とスプレッドが含まれていません。

新規建て時、建玉持ち越し時に0.035%の手数料がかかる上に、買値と売値の価格差であるスプレッドも実質的な手数料となります。

仮想通貨のスプレッドはFXなどと比べると非常に大きなものです。ビットコインの場合だと、スプレッドが10,000円を超えています。短期トレードをする場合、この手数料を超える利益をだしていかないと、儲けは出ません。

ビットポイントの評判は下記の記事から確認してみて下さい。

majimoney.hatenablog.jp

メタトレーダーとは

f:id:majimoney:20181105082242j:plain

メタトレーダーは、ロシア製の無料で使える高機能なチャートソフトです。仮想通貨ではあまりなじみはありませんが、FX業界ではもっともポピュラーなチャートソフトです。

FXでは企業が独自のチャートシステムを提供しているのですが、それに満足できず、メタトレーダーをダウンロードして使っているという人が多くいます。無料とは言え、わざわざ別にダウンロードして使うぐらい人気が高いのです。

メタトレーダー4が人気の理由は多岐にわたります。

  • 独自のテクニカル指標が使用可能
  • 自分でオリジナルの指標を作成できる
  • バックテスト(検証)が可能
  • 高いカスタマイズ性
  • 自動売買ができる

メタトレーダー4は、自分オリジナルのテクニカル指標の作成ができます。作成にはプログラミングの知識に加えて、テクニカル指標の知識も必要になります。

メタトレーダー4は、世界中に愛好者が多く、その人たちが作ったオリジナルのテクニカル指標も公開されています。それをダウンロードし、無料で使うことができます。

バックテストが可能なのも、メタトレーダー4の特徴です。トレードには、いつ建て玉を作り、どこで手じまうか、というルールが必要です。そして、そのルールに本当に期待値があるのか検証できるのが、メタトレーダー4の利点です。

しかし、この点はビットポイントで使うには注意が必要です。チャートのデータが2016年7月からとなっているため、十分な検証が行えない可能性があります。

カスタマイズ性と自動売買については、詳しく解説します。

高いカスタマイズ性

f:id:majimoney:20181105083541j:plain

チャートを見る場合、見やすい配置、どのテクニカル指標を表示するかなどは人それぞれ異なります。メタトレーダー4は、このカスタマイズが非常にしやすいのです。

テクニカル分析では、チャートを複数表示して見ることが多いのですが、メタトレーダー4では複数のチャートを同時に表示し、配置も自由に行えます。

テクニカル指標も初期で豊富に搭載されている上に、上記で書いたように独自の指標を使うこともできます。もちろん、複数のテクニカル指標を同時にチャート上に表示することができます。

トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインもチャート上に自由に描画できます。

自分で使いやすいようにカスタマイズできるのが、メタトレーダー4のメリットです。

自動売買(EA)

f:id:majimoney:20181105084003j:plain

メタトレーダー4というと、自動売買を考える人も多いかもしれません。それぐらい、メタトレーダー4の自動売買は有名なものです。

自動売買をおこなうには自分でプログラムを組むか、他人が作ったものをダウンロードして使用します。自動売買のソフトには有料のものもあれば、無料のものもあります。無料だからダメで、有料だから良いというわけではありません。

ソフトを起動しておけば、勝手にトレードしてくれ、利益が増えていく、そう考えると夢のような話です。

しかし、仮想通貨で自動売買を考える場合、有効な自動売買のソフトがあるのかが問題になります。FX用のものを流用できるかもしれませんが、仮想通貨は非常にボラリティの大きいものであるため、本当にそのソフトが有効かどうか、検証が必要です。

また、自動売買のソフトは詐欺まがいのものも多数あるため、この点にも注意しなければいけません。簡単に稼げると思っていると、詐欺ソフトを購入した上にトレードでも損をするということになりかねません。

まとめ

ビットポイントの魅力はメタトレーダー4が使えることです。

メタトレーダー4は高いカスタマイズ性が魅力の高機能のチャートシステムです。仮想通貨の取引所のチャートに満足できない人、本格的なテクニカル分析をしたい人にお勧めできます。

自動売買も魅力ですが、仮想通貨で有効なソフトを準備できるかに注意が必要です。

>>>BITPOINTの公式サイトでMT4をチェック

ふるなびの評判は?メリットやデメリットまとめ

f:id:majimoney:20181105092815j:plain

ふるなびは、今ではめずらしくなった家電の見返り品があるふるさと納税サイトです。

2,000円で家電がもらえるという点も魅力ですが、ふるなびにはふるなびグルメポイント、ふるなびトラベルという独自のサービスもあります。

自治体が提供してくれる見返り品をより楽しめる工夫があるのが、ふるなびです。ふるなびのメリット、デメリットを解説していきます。

ふるなびとは

f:id:majimoney:20181105093032j:plain

ふるなびは、株式会社アイモバイルが運営するふるさと納税のサイトです。

ふるさと納税のサイトは多数ありますが、ふるなびはその中でも独自の特徴があります。

  • ふるなびプレミアム
  • 家電の取り扱い

ふるなびプレミアムは、年収2,000万円以上の人が、手数料無料で利用できる、ふるさと納税の代行サービスです。

ふるさと納税は年収が高いほど、控除の限度額も上がります。寄付金の額が大きくなると、寄付先を選んでいくのも手間がかかります。

ふるなびプレミアムを利用すると、専任コンシェルジュがプランを提示してくれるため、自分で寄付先を選ぶ手間がなくなります。追加の要望や変更もできるので、自分の意志を反映することもできます。

控除額の計算などの相談にものってもらえるため、時間の節約に大きく役立つサービスです。

家電の取り扱いが多いのも、ふるなびの特徴です。家電や金券類などの換金性の高いものは、転売などが問題視され、2017年4月に総務省から注意が出されました。

その結果、家電の取り扱いをやめるふるさと納税のサイトが多かったのですが、ふるなびでは2018年3月でも家電の取り扱いがあります。

家電を見返り品としてもらうには、寄付金が高額になりますが、パソコンや炊飯器などが実質2,000円でてに入るため、寄付するメリットはおおきなものがあります。見返り品に家電が欲しいのなら、ふるなびを利用するとよいでしょう。

>>>「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

ふるなびのメリット

f:id:majimoney:20181105093325j:plain

ふるナビのメリットは以下の3つです。

  • ふるなびグルメポイント
  • ふるなびトラベル
  • アマゾンギフト券がもらえる

ふるなびグルメポイントは、提携先の店舗で支払いとして使うことができます。提携店舗は自治体の特産品を扱うところです。

ふるさと納税でせっかく良い食材を手に入れても、調理する人の腕しだいではおいしく食べることができません。ふるなびグルメポイントを利用すれば、最高の食材をプロの調理で楽しむことができます。

ふるなびグルメポイントは、ポイントというワードがあるので勘違いしやすいですが、見返り品にポイントがつくわけではありません。寄付額に応じたポイントがそのままもらえます。

具体的には、寄付金額の30%のふるなびグルメポイントがもらえます。ふるなびグルメポイントは即日発行であるため、寄付した後にすぐに使うことができます。また、ポイントというと有効期限が気になりますが、ふるなびグルメポイントには期限がありません。

ふるなびグルメポイントは、会員登録してログイン状態での申し込み、20,000円以上の寄付からが条件で、クレジットカードでの支払いが必須となります。使用先は提携自治体の店舗に限られます。提携先は、順次拡大中です。

ふるなびトラベルは、ふるなびと日本旅行が提供するサービスです。ふるなびトラベルは、ポイントを使って寄付先の自治体へ旅行へ行くことができるようになるサービスです。見返り品をもらうのではなく、寄付先の自治体へ旅行へ行けるというのが魅力です。

こちらも寄付額の30%相当のポイントがもらえます。有効期限なしで、即日発行なのもふるなびグルメポイントと同様です。

条件も同じで、会員登録してログイン状態での申し込み、20,000円以上の寄付からが条件で、クレジットカードでの支払いが必須となります。

残念ながら、ポイントは共通ではありません。ふるなびトラベルのポイントは、寄付した自治体でしか使えない点に注意が必要です。

ふるなびでは、ふるなび会員に登録しログイン状態で寄付、ふるなびのサイト上からの寄付、クレジットカードでの決済、この3つの条件を満たすと、寄付額の1%に相当するアマゾンギフト券がもらえます。

1%とはいえ、元は税金の支払いにあたるものにつくものです。ふるさと納税で見返り品をもらえた上にポイントがつくというのは、単純にお得です。

ふるなびのデメリット

f:id:majimoney:20181105093343j:plain

ふるなびを利用する上でのデメリットは2つあります。

  • 家電が魅力だがなくなる可能性あり
  • 寄付額が高くなりがち

見返り品に家電があるのが特徴と書きましたが、これが今後も続くかはわかりません。前述したように、あまりに高価な見返り品を用意するのは、ふるさと納税の理念にそぐわないと総務省から注意が出ています。

今後、ふるなびでも家電の取り扱いが無くなる可能性がありますし、自治体が家電の見返り品をなくす可能性もあります。

家電を目当てにしているのなら、はやめに寄付をおこなうほうがよいかもしれません。

ふるなびプレミアムの利用が年収2,000万以上というのが顕著ですが、ふるなびグルメポイント、ふるなびプレミアムも寄付の下限が20,000円です。

また、食事も旅行も必要なポイントが足りなければ利用することはできません。控除の上限が少ない人には、メリットが少なくなってしまいます。家電が欲しい場合も、寄付金は高額なります。

まとめ

数あるふるさと納税サイトの中でも、ふるなびは独自の魅力のあるサイトです。

特産品をプロの調理で楽しめるふるなびグルメポイント、寄付先の自治体に旅行に行けるふるなびトラベル、家電の取り扱いと、ふるなびでしかえられないサービスが魅力です。

ふるなびのメリットを楽しむには、控除の額が大きく残っている場合です。上限が多い人なら、真っ先に利用を検討したいのが、ふるなびです。

>>>ふるなびの公式サイトはこちら

さとふるの評判は?メリットやデメリットまとめ

f:id:majimoney:20181105093533j:plain

ふるさと納税で利用できるサイトの一つに、さとふるがあります。

さとふるは、ふるさと納税利用意向、認知度ナンバーワンをうたっています。そして、さとふるではそれに恥じないユーザー目線のサービスが提供されています。

さとふるのメリット、デメリットを解説します。

ふるさと納税 さとふる

さとふるとは

f:id:majimoney:20181105094030j:plain

さとふるは、ソフトバンク系列の企業で、ふるさと納税おこなうときに利用するサイトです。さとふるでは、食料品を中心とした特産品を、多く取り扱っています。

サイトは見やすく、ふるさと納税のサイトというより、ネットショッピングのサイトのようになっています。さとふるには、以下の特徴があります。

  • ランキングが充実
  • 手続きが簡単
  • 決済の種類が豊富
  • お礼品の受け取りが柔軟
  • 配送状況の確認ができる

ふるさと納税を行う場合、寄付先が特に決まっていないと、候補が多すぎて選ぶのが難しいという問題があります。ふるさと納税に積極的な自治体が増えたことによる喜ばしい問題ではあるのですが、寄付する側としては、少し困ってしまいます。

一つ一つ見るわけにはいかないので、こういう状況で利用したいのがランキングです。さとふるでは、このランキングが充実しています。

週間、月間の人気ランキングに、肉、魚介、お菓子などからなるカテゴリ別のランキングも見ることができるので、寄付先を選ぶときの参考にしやすくなっています。お礼品の評価レビューを見ることもできるので、それも加えて寄付先を選ぶことができます。

さとふるでは、ふるさと納税の手続きがインターネット上で完結できます。自治体への問い合わせなどを代行してもらえるため、負担が少なくてすみます。

決済の種類も豊富です。すべての決済でクレジットカードが利用でき、他にもキャリア決済(SoftBank、auかんたん決済、docomo)、コンビニ決済、ペイジーが利用できます。

さとふるの評判のなかで多いのが、お礼品が届くのが早い、というものです。ふるさと納税では、寄付してから見返り品が届くのが遅いのが普通です。申し込んでから2.3か月かかって見返り品が届く、というのが当たり前なのです。

しかし、さとふるでは最速一週間(見返りの品にもよる)で届きます。

配送関連に関してですが、さとふるに会員登録しておけば、マイページから配送状況の確認も可能です。

>>>「さとふる」でふるさと納税!

さとふるのメリット

f:id:majimoney:20181105094049j:plain

さとふるには、4つの大きなメリットがあります。

  • スマホ完全対応
  • すべての決済でクレジットカードが利用可能
  • 指定日配送が可能
  • サポート体制が充実

さとふるの公式サイトは、スマホに完全対応しています。スマホ一つでふるさと納税ができるので、大変便利です。

決済の全てがクレジットカードで行えるのも、さとふるの魅力です。これは支払いが便利になるというだけではありません。

クレジットカードで支払いをすれば、ポイントがもらえます。ふるさと納税で税金の控除が得られるうえに、寄付額におうじたポイントがもらえるのです。

お礼品にもよりますが、指定日の配送が可能なのも、実用的でありがたい点です。ふるさと納税は、税金の確定がないと限度額が算出できません。そのため、寄付は11月や12月に行うことが多くなります。

そうなると、お礼品が届く時期も同じような時期に集中してしまいがちです。寄付先が多いと、同じ時期に食品が多く届くことになり、冷蔵庫のなかを圧迫することになります。また、旅行に出ていて受け取れない、という事態になるかもしれません。

指定日配送ができるさとふるを使えば、この問題はおこりません。

ふるさと納税には税金がからむため、ややこしく感じる点が出てきます。控除を受けられる限度額がいくらなのかがそのさいたる例ですが、さとふるではこれを調べるためのシュミレーションができます。

給与収入、家族構成を入力するだけでできる簡単シュミレーションと正確な数値をもとめるための詳細シュミレーションが用意されています。これを利用すれば、寄付の上限目安を調べてからふるさと納税がおこなえます。

気になる質問にすぐに答えてくれる、ふるさと納税コンシェルジュというシステムもあります。

さとふるのデメリット

f:id:majimoney:20181105094109j:plain

さとふるには、独自のポイントがありません。他サイトでは、寄付額におうじたポイントがもらえるところもあるため、この点はデメリットといっていいでしょう。

しかし、先述したように、さとふるでは全ての決済がクレジットカードでできるため、この点はそこまで不利というわけではありません。

まとめ

さとふるは、ユーザー目線でのサービスが充実しています。寄付先の選びやすさ、手続きの簡単さは、はじめてふるさと納税を行う人には非常に助かります。

配送日の指定が可能な点、クレジットカードですべての決済ができるのも、ふるさと納税を利用するうえでは重要なことです。使いやすさにすぐれているのが、さとふるの特徴です。

はじめてふるさと納税を利用する人、寄付をおこなう自治体が多くなる人、スマホでふるさと納税を行う人におすすめできるのが、さとふるです。

>>>「さとふる」の公式サイトをチェック

仮想通貨で利益が出たらふるさと納税で節税したほうがお得?

f:id:majimoney:20181105094421j:plain

仮想通貨の税金に悩む方に、ふるさと納税を利用した節税方法を紹介します。

節税とはいっても、ふるさと納税でお金が戻ってくるわけではありません。お金を手元に残すという意味での節税にはなりませんが、ふるさと納税にはメリットがあります。

ふるさと納税のメリット、デメリットを紹介していきます。

仮想通貨の税金

f:id:majimoney:20181105094709j:plain

仮想通貨で得た利益は、税制上雑所得としてあつかわれます。雑所得には、累進課税が適用されるため、利益が大きいほど納める税金も大きくなっていきます。

2017年は仮想通貨が大きく躍進する年になったため、税金について苦労した人も多かったと思われます。

2018年になっても、この問題は変わらなさそうです。そこで、早めに税金について考えておきたいところです。2018年分の税金の確定はまだ先で、ふるさと納税を利用できるのも、2018年末までと時間はあります。

2017年にふるさと納税を利用できなかった人もいたようなので、今年以降は利用できるように、節税の一つの方法として、ふるさと納税を理解しておきましょう

ふるさと納税とは

f:id:majimoney:20181105094842j:plain

ふるさと納税では、自分の選んだ自治体に寄付を行うことで、お礼に特産品などをもらえ、寄付した金額分の税の控除を受けられる制度のことです。

ふるさと納税には以下の特徴があります。

  • 自分の居住する自治体以外に寄付が可能
  • 2,000円の自己負担で特産品などがもらえる
  • 複数の自治体に寄付ができる
  • 寄付の用途を選択可能

成人し、職を求めて都会に居を移すという人は多くいます。この人たちが地元に寄付という形で税の支払いを行うことができるのが、ふるさと納税です。

寄付する自治体については、自分で選択が可能です。生まれ故郷でもいいですし、特産品目当てで、縁もゆかりもない自治体に寄付をすることもできます。

ふるさと納税には自己負担金が2,000円あります。この分が事実上の出費になります。ふるさと納税に1万円寄付しても、10万円寄付しても、自己負担は2,000円です。複数の自治体に寄付しても、自己負担分は2,000円のままです。

ふるさと納税では、複数の自治体に寄付が可能です。小学生の時に住んでいた自治体、中学生の時に住んでいた自治体など複数の自治体に寄付が可能です。

ふるさと納税は、寄付という形はとっていますが、納税の一種と考えることができます。私たちは普通に納税をしていても、その使途については選択することができません。戦争反対、非武装主義の人が納税したお金が、軍備に使われる場合もあります。

しかし、ふるさと納税では使途の選択が可能です。自分の納めたお金の使途を選べるというのは画期的なことです。

ふるさと納税のメリット

f:id:majimoney:20181105095714j:plain

  • 実質2,000円で見返りの品がもらえる
  • クレジットカードで寄付するとポイントがつく
  • ポイントサイトを使えばポイントがたまる

ふるさと納税の一番のメリットは、実質2,000円で見返りの品がもらえるという点にあります。ふるさと納税の理念は素晴らしいと思うのですが、現状では見返りを求めての利用が大部分をしめています。

とはいっても、寄付を受け取る側、節税に利用する側、双方にメリットがあるため、積極的に利用していきましょう。

見返りの品は特産品が多いですが、中には家電、金券類もあります。換金性の高いものあるのが特徴ですが、さすがにこれはいきすぎと判断され、総務省から注意がでています。今後は換金性の高いものは減っていくと思われます。

クレジットカードやポイントサイトを利用してふるさと納税をおこなうと、金額に応じてポイントがもらえます。これは単純にお得になります。利用できるのであれば、利用しましょう。

ふるさと納税のメリットは、特産品をもらえる、という点に戻りつつあります。これはこれで楽しむことができるものです。どうせ同じ税金を支払うなら、なにかおいしいものを食べるというのがふるさと納税のメリットです。

>>>WEBでふるさと納税!さとふる

>>>ふるなびならたった3分でふるさと納税!

ふるさと納税のデメリット

f:id:majimoney:20181105095726j:plain

  • お金が手元に残るわけではない
  • 手続きが必要
  • 納税額に応じた上限がある
  • 特産品をもらいすぎると課税の対象になる可能性がある

ふるさと納税は節税に使えますが、基本的にお金が戻ってくるわけではありません。この点に注意が必要です。

また、手続きが必要になるのも、デメリットといえるでしょう。ふるさと納税には、申請書の提出と、確定申告が必要になります。確定申告が不要になるワンストップ特例という便利なシステムもあるのですが、仮想通貨で利益を上げた人には適用されません。

ふるさと納税は、納税額に応じた範囲内でのみ控除を受けることができます。寄付自体はいくらでも可能ですが、控除される額に上限あるという点に注意です。

仮想通貨の投資で利益を上げた場合、いくら課税され、いくら控除されるのかが分かりにくいのもデメリットです。サイトでシュミレートできる機能がありますが、これはサラリーマンの人を対象にしているため、仮想通貨の利益の計算に使えない場合が多いのです。

もう一点注意したいのが、特産品をたくさんもらう(50万円以上)と税金の対象になる可能性があるということです。これは必ずそうなるわけではありませんが、該当しそうな人は税理士などに確認が必要になります。

まとめ

ふるさと納税を利用すれば、2,000円で色々な楽しみ方ができます。仮想通貨の税金に悩む人なら、利用したい制度です。

手元にお金が残らないのはデメリットに思えますが、ただ税金の支払いに消えるのと、見返りの品がもらえるのでは大きな違いです。

特に、仮想通貨の税金は非常に重いため、せっかくお得な制度があるのなら、積極的に利用しましょう。下記にふるさと納税おすすめの2サイトの詳細をまとめていますので興味のある人は確認してみて下さい。

majimoney.hatenablog.jp

majimoney.hatenablog.jp

仮想通貨の税金対策について分かりやすくまとめてみた

仮想通貨で出した利益には税金がかかります。いつ、どのようなタイミングで課税されるのか、税金がいくらぐらいかかるのかを確認し、賢く節税できる方法を紹介します。

仮想通貨の課税対象

仮想通貨の税金は、以下の3つのタイミングで発生します。

  • 仮想通貨を日本円に換金
  • 仮想通貨同士の売買(交換)
  • 仮想通貨でサービスの支払いを行う 仮想通貨を日本円に利確すると、その時点で税金の課税対象となります。

課税されるのは、日本円に換金し、利益が出た場合です。逆に言うと、仮想通貨を保有したままであれば、税金の支払いは必要ありません。

ビットコインを100BTC保有していても、税金はかかりません。しかし、このうちの10BTCを日本円に換金し、売買による利益が発生すると、税金の課税対象となります。

仮想通貨同士の売買も、課税対象になります。この点は非常にややこしい点で、注意が必要です。ビットコインをイーサリアムに交換すると、税金が発生してしまうのです。

1BTCを100万円で購入し、これを1BTC150万円の時にイーサリアムに交換すると、50万円の利益が出たとみなされ、課税の対象となりなす。

仮想通貨でなにか商品を購入した場合も、税金がかかります。ビットコインを使い、ビッグカメラで冷蔵庫を購入した場合も課税の対象となります。円に替えなければ税金がかからないというわけではありません。

上記3点に該当する方は、税金の支払いが必要になります。

仮想通貨に税金はいくらかかるのか

仮想通貨の税金は、雑所得扱いです。課税の対象になるのは他の雑所得も含めて、20万円を超える収入があった場合になります。

累進課税が適用されるため、仮想通貨での儲けが大きいほど、税率は高くなっていきます。195万円以下なら15%、4,000万円ごえなら、約50%が税金として徴収されます。

仮想通貨の利益は、当該年度中なら、損益の合計にできます。

  • ビットコインで1,000万の利益
  • イーサリアムで1,000万の利益
  • リップルで300万の損失

となった場合、利益は2,700万となります。注意したいのが、損失を含められるのが当該年度だけという点です。2017年1月から12月にかけ、ビットコインで5000万の利益を上げ、利確したとします。これを再投資し、2018年1月に2,500万の損失になったとします。

この場合でも、2017年の課税金額は5,000万のままです。雑所得では、4,000万を超えると、約50%の税金がかかってしまいます。つまり、2017年に5,000万の利益、2018年に2,500万の損失となり、税金として2,500万を支払うと、手元にお金は残りません。

仮想通貨の税金の支払いは、非常に重いものです。特に利益が大きくなると、ますますこの傾向が強くなります。

そこで、できるだけ節税したいという人も多いでしょう。ただ、間違ってはいけないのが、脱税はダメです。税金が重いからといって支払いを拒むことはできません。

節税方法も多少グレーな部分があり、人によって良い、悪いの意見が食い違う場合も多くなります。ここでは、合法的なものを2点紹介するにとどめます。

法人化

仮想通貨で大きな利益が出た場合に考えたいのが、法人化です。法人化には2つのメリットがあります。 ・最大税率が実質35%程度になる ・経費の計上が可能になる 法人税は単一ではありませんが、すべてあわせても最大税率は35%程度です。個人の50%と比べると、明らかに有利です。同じ1億の利益があったとして、個人なら税金が5,000万、法人なら3,500万と1,500万円も差ができます。

経費の計上が可能になるのも大きな違いです。経費にできるのは、家賃、書籍、セミナー代、携帯代等があります。これらを経費として計上することで、税金の支払いを軽減することが可能です。

しかし、法人化もメリットばかりというわけではありません。法人の設立には手続きが必要になります。これを他人にやってもらうのには当然費用もかかります。とはいっても、費用は10から30万程度なので、節税を考えるなら安いものです。

法人として運営していくには、それなりの手間や費用も必要になります。また、法人は税制面では優遇されていますが、その分税務署の対応も厳しくなります。法人としての実態がまるでないのが明らかな場合、罰則を受ける可能性があります。

税制面だけで考えると有利なのは間違いありませんが、法人化にも手間やリスクはあり、個人で全てを解決するのも難しくなります。法人化を検討する場合、専門家のアドバイスを受けて行うのが望ましいです。

ふるさと納税

ふるさと納税は任意の自治体に寄付を行うことで、そのお礼に特産品などを受け取ることができます。そして、寄付額を税金の控除として扱うことができます。

ふるさと納税には限度額がありますが、利益が大きいほど限度額も上がります。ふるさと納税を行えば実質2,000円で様々な名産品、金券類も受け取れるため、お得なシステムになっています。

ふるさと納税でお金が返ってくるわけではありませんが、税金を特産品などに変えることができます。しっかりと税金を支払ったうえで、お得になるというのがポイントです。

majimoney.hatenablog.jp

まとめ

仮想通貨の利益にかかる税金は、かなり重いものです。特に大きな利益を上げていると、それがより顕著になっていきます。

少しでもお金を手元にとどめておくためには、法人化をおこなう、ふるさと納税を活用するなどの工夫が必要になります。

節税にはグレーな部分もあり、素人には判断がつかない部分も多くあります。税金で迷ったら素直に税理士に頼むのが一番です。

NEM(ネム)のカタパルトの内容は?それによって価格はどうなるのか?

仮想通貨のネムには、カタパルトという期待の大型アップデートが控えています。カタパルトでは、ネムの秒間トランザクション処理が4000まで上がるのを筆頭に、機能面の大幅強化が行われます。

カタパルトの内容、実行された場合、価格にどのような影響が与えられるのかを解説していきます。

ネムの基本情報の確認

ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目指す仮想通貨のプロジェクトの一つです。ネムはプロジェクトの名称で、通貨の名前は、ゼム(XEM)になります。

・単位:XEM(ゼム)
・発行上限:8,999,999,999
・ブロック生成:1分
・秒間トランザクション処理速度:2
・取り扱い取引所:zaif

ネムは日本での人気が高く、zaifを運営するテックビューロ株式会社と関係が深いことも知られています。ネムの取引量が最も多い取引所もzaifになります。

majimoney.hatenablog.jp

カタパルトとは

カタパルトは、ネムの機能を大幅に強化するアップデートの名称です。カタパルトの中でも、もっとも注目されているのが、秒間トランザクションが4000まで処理が可能になる、という点です。

上に、ネムの現在の秒間トランザクションが2でしかないという点を紹介しましたが、それが一気に4000になるのです。

トランザクションの処理能力は、ビットコインの送金詰まりで注目されるようになりました。ビットコインの取引量が増大した結果、トランザクションの処理が追い付かなくなり、送金時間の大幅な遅延と、それを避けるために手数料を多めに支払わないといけないという問題が顕在化しました。

仮想通貨は、手数料の安さ、国際送金の容易さが特徴だったのですが、スケーラビリティ問題のせいで、それがいかせていないのが現状です。

仮想通貨は、もともとトランザクションの処理能力が低いのです。ビットコインの秒間トランザクション処理は6から7程度です。支払いに使用するクレジットカードの場合、これが4000から6000もあります。

絶望的な開きに思えますが、ネムにカタパルトが実装されれば、クレジットカードと同等近い数値にまで近づきます。もちろん、秒間4000の処理が可能であれば、スケーラビリティ問題とも無縁です。

トランザクション処理という点では、ネムは他の仮想通貨に大きく溝をあけ、クレジットカードと競えるほどの性能をえることになります。

カタパルトの内容はこれにととどまらず、アグリゲート・トランザクションの導入など多岐わたっています。技術的で理解の難しいものが多いのですが、いずれもネムの機能を大幅に強化するものです。

実装はいつになる?

気になるカタパルトの実装時期ですが、2018年中としかわかっていません。カタパルト自体は早い段階から話題になり、ネムユーザーから実装を待ち望む声が聞かれていました。

一時は2017年夏に実装という噂もありましたが、2018年にはいった今も、まだ実装にはいたっていません。しかし、2017年終わりに、mijinでカタパルトの試験導入が始まっています。開発はしっかりと進んでいるようです。

カタパルトがいつになるのかは、もうすぐ、近々、というように常に噂がでるような状況です。それだけ期待されているといえますが、ネム財団からの公式発表がないと、具体的な時期はわかりません。

価格のつり上げのために意図的な噂が流される可能性もあるので、注意が必要です。

カタパルトでネムの価格はどうなる?

期待の大型アップデート、カタパルトでネムの価格はどう動くのでしょうか? 仮想通貨では何がおこるかわからないので、絶対に価格が上がるとは言えませんが、ネムにとってカタパルトがプラス要因であることは間違いありません。

気になるのは、カタパルトがいつになるのかという点ですが、これは上記のとおり2018年予定としかわかっていません。

仮想通貨のアップデートやハードフォークが行われる場合、多くはその前から買いが集まり、価格が上昇していく傾向にあります。そして、実装時には価格が頂点に達し、利益確定の売りから価格が急落するというのも、よくみられる動きです。

カタパルトの実装時期が明確になれば、事前に仕込むことで利益を狙うこともできそうです。しかし、カタパルトの導入時期は何度も噂になっては消えるというのを繰り返しています。正確な時期をつかむことが重要になります。

短期的な利益を狙わない場合でも、カタパルトによる価格の底上げには期待が持てそうです。単純に、機能面が大幅に強化されるというのは、やはりプラスの材料になります。

カタパルトの実装を見越し、早いうちからネムを仕込んでおくのも手かもしれません。しかし、2018年は規制の話も多く、価格のブレが激しくなっています。この点は注意が必要です。

まとめ

ネムを大幅に強化するカタパルトですが、まだ、実装時期は未定です。

カタパルト実装を待ち望む声も多く、実際に実装されればネムの価格に大きな影響を与えることになりそうです。

リスクを許容できるなら、早いうちからネムを買っておくのも手です。

仮想通貨の国内取引所の口座開設方法を各取引所ごとに分かりやすく解説

仮想通貨の取引所、ビットフライヤー、ザイフ、ビットバンク、DMMビットコイン、GMOコインに口座を開設する方法を紹介します。

登録の流れは共通のものが多いため、まずは基本的な流れを解説し、その後に各取引所事の違いを解説していきます。

続きを読む