まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

FXのシストレを実際に使ってみて比較してみた

FXのシストレは、初心者、FX経験者、どちらにも人気があります。特に最近ではシストレのサービスを提供するFX会社も増えています。そのため、自分に合ったサービスを見つけやすくなっています。シストレはFXの知識がほとんど無くてもレベルの高い取引をできる可能性があります。

今回はそんな人気のシストレを実際に使ってみて比較して特におすすめのサービスをいくつか紹介します。

シストレ24

シストレと言えばシストレ24と言われるくらい人気のFX会社です。とにかく分かりやすい仕組みで、初心者でも参入しやすいサービスです。

シストレ口座数国内No.1やストラテジー数世界一などの実績もすごいですが、特に「フルオート」機能はおすすめです。この機能を使うことでより自動での取引を行うことができます。

シストレで結構てこずる人が多い、ストラテジーを選ぶ作業まで自動になったので、ほとんど放置で資産運用できます。感情的になることが少ないので、冷静に取引できると評判です。実際の取引結果を公表している人も多いので、どんなもんなのか見てみると参考になると思います。

majimoney.hatenablog.jp

外為オンライン

外為オンラインのiサイクル注文は今ブームのリピート系自動売買です。マネースクウェアジャパンのトラリピと人気を争っていましたが、先日の個人情報漏洩問題でマネースクウェアジャパンは口座開設できなくなっています。

外為オンラインのiサイクル注文を利用している投資家の76%がトータルでプラスを記録しているといったデータもあります。簡単な設定だけで、取引をスタートさせることができるので誰でも簡単に始められます。

また、 iサイクル研究室では、決済損益のランキングや始め方から戦略まで確認できるので、外為オンラインの iサイクル注文が気になった人は確認してみて下さい。

majimoney.hatenablog.jp

アイネットFX

アイネットFXではリピート系自動売買のループイフダンが利用できます。ループイフダンも簡単な設定だけで、取引をスタートすることができます。スワップポイントが高いため長期運用にも適しています。最近ではよく雑誌やメディアでも取り上げられていて、その実力は折り紙つきです。

また、1000通貨から始められて、シストレ業者のなかではスプレッドも狭いので、少額から低コストで取引をできるので試してみてください。

majimoney.hatenablog.jp

まとめ

専業トレーダーでないかぎり、そこまで取引の時間が取れないと思います。そのような時は、シストレで効率的に資産運用するのがおすすめです。私の場合、シストレと裁量トレードの併用をすることでより多くの利益を上げることができるようになりました。

仮想通貨の取引所を様々な手数料で比較

仮想通貨の取引には様々な手数料が掛かります。さらに取引所ごとに設定が全く異なりますので、取引スタイルなどに合わせて取引所を選ぶとコストを削減することができます。逆に手数料がもらえる取引所もあります。今回は国内の主要取引所の様々な手数料を一覧にしてみましたので、口座開設の参考にして下さい。

入出金手数料

取引所 クイック入金 出金手数料
GMOコイン 無料 無料
ビットバンクCC(bitbank.cc) × 540円~756円
コインエクスチェンジ(QUOINEX) 無料 無料
インチェック(coincheck) 756円以上 400円
ビットトレード(bittrade) × 648円
ビットポイント(BITPoint) × 324円
ビットフライヤー(bitFlyer) 324円 216円~756円
ザイフ(Zaif) 468円~594円 350円~756円
 

現物取引手数料

取引所 ビットコイン アルトコイン
GMOコイン 無料 無料
ビットバンクCC(bitbank.cc) 無料 無料
コインエクスチェンジ(QUOINEX) 無料 0.25%
インチェック(coincheck) 無料 無料
ビットトレード(BitTrade) 0.2% 0.2%
~0.7%
ビットポイント(BITPoint) 無料 無料
ビットフライヤー(bitFlyer) 0.001%
~0.15%
0.20%
ザイフ(Zaif) -0.01% -0.01%
~0.1%
 

レバレッジ取引手数料

取引所 レバレッジ取引手数料 最低通貨単位
GMOコイン 0.05% 0.001BTC
ビットバンクCC(bitbank.cc) × 0.0001BTC
コインエクスチェンジ(QUOINEX) 無料 0.01BTC
インチェック(coincheck) 0.04%~0.05% 0.005BTC
ビットトレード(BitTrade)   0.01BTC
ビットポイント(BITPoint) 0.035% 0.0001BTC
ビットフライヤー(bitFlyer) しばらく無料 0.01BTC
ザイフ(Zaif) 0.039% 0.0001BTC
 

各取引所のレビューと公式サイト

まとめ

仮想通貨を取引していく上で手数料はとても重要です。上記の比較表を参考に選んでみて下さい。また、手数料はキャンペーンや改定などで変更される場合があります。確実な情報ではないので、詳細や正確な情報は必ず各取引所の公式サイトで確認して下さい。

仮想通貨の取引所の取り扱い通貨数と種類を一覧にしてみた

仮想通貨の取引をしたいと思う時って意外と「特定の通貨を取引したい」からと言う理由から入る人が多いです。最近ではビットコイン以外の仮想通貨「アルトコイン」が話題にあがることが増えてきたので余計にそうだと思います。

まだまだ、どの取引所も取り扱っている通貨が少ないので、なかなか希望の通貨にたどり着かないこともあります。そんなときに一覧があると便利だと感じたので、今回は通貨数と通貨の種類を一覧にしてみました。

各取引所の取り扱い通貨の種類

現在取り扱っている通貨と導入予定の通貨の一覧です。つねに新しい情報に書き換えていきたいと思っています。

インチェック(coincheck)

インチェック(coincheck)の取り扱い通貨は13種類です。

majimoney.hatenablog.jp

ビットバンクCC(bitbank.cc)

ビットバンクCC(bitbank.cc)の取り扱い通貨は6種類です。

majimoney.hatenablog.jp

GMOコイン

GMOコインの取り扱い通貨は3種類+3種類追加予定です。

majimoney.hatenablog.jp

ビットトレード(BitTrade)

ビットトレード(BitTrade)の取り扱い通貨は6種類です。

majimoney.hatenablog.jp

コインエクスチェンジ(QUOINEX)

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の取り扱い通貨は2種類です。

majimoney.hatenablog.jp

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)の取り扱い通貨は5種類です。

majimoney.hatenablog.jp

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨は4種類+トークンです。

majimoney.hatenablog.jp

まとめ

取引したい通貨を見つけたら、それに合わせて口座開設しましょう。口座はいくつあっても問題ありません。また、各取引所では今後も徐々に増えていくはずですので、チェックしておくといいと思います。

リップル風評被害を受けて下落で今が買い時!?詐欺業者逮捕

毎度思いますが、本当に詐欺師は流行に乗ってきますね。下記のニュースですが、リップルには全く関係ない詐欺業者ですので、リップル自体に問題があった訳ではありません。ニュースによってはかなり誤解を与える書き方をしているところもあるみたいです。

www.asahi.com
今回の件で「リップルは怪しい、危ない」って思ってしまった人もいるのではないでしょうか?Mt.GOX事件の時のビットコインと同じように。

完全に風評被害ですが、この流れでしばらく価格が低迷してしまうのでしょうか?

それともビットコインの時から学習している人が増えているので、一時的なものなのでしょうか?

ちょっと様子を見たいと思いましたが、24円台で買い増しちゃいました。先日、26円台で購入して「ビルゲイツ財団と提携!」なんて話もでて「いいとこで買えた」と思っていたところで、この報道を受けての下落。プラス要素がたくさんあったんですけどね。

majimoney.hatenablog.jp

でも、誤解が解ければ間違いなく価格も上がってくると思っています。むしろ今回の件で、良くも悪くも知名度は上がったと思うので、今後の暴騰の可能性は今まで以上に高くなったはずです。

今回の件についての反応

まとめ

何度も言いますが、今回の件はリップル自体に問題があった訳ではありません。完全に風評被害です。ただ、知名度が上がったことで今後に期待ができると思っています。それなので、今のこの価格は買い時だと思って、24円台で買い増しました。長い目で見て、今後に注目です。

>>>リップルを購入するならビットバンクCC

WealthNavi (ウェルスナビ)なら全自動で資産運用してくれる

質問に答えるだけでその人に合った投資信託を選んで自動で取引してくれるロボアドバイザーは投資経験に関わらず大変人気があります。

続々とロボアドバイザーのサービスが増えていく中、預かり資産・ユーザー数がNo.1のWealthNavi 。最適な運用プランをたった1分で導き出してくれます。

投資に興味があるけど、知識が無い人・時間が無い人は一度診断してみると面白いかもしれません。もちろん投資経験豊富な人からも絶大な支持を受けています。

まずは診断してみよう

この診断はとにかく簡単で本当に1分で終わります。たった6問の質問でリスク許容度(リスクを受け入れる程度)を診断してその人に合った投資を提案してくれます。

1.現在何歳ですか?

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代以上


2.年収はおおよそいくらですか?

  • 300万未満
  • 300万~500万円未満
  • 500万円~1,000万円未満
  • 1,000万円~2,000万円未満
  • 2,000万円以上


3.金融資産はどれくらいですか?

  • 500万円
  • 500万円~1,000万円未満
  • 1,000万円~3,000万円未満
  • 3,000万円~3億円未満
  • 3億円以上


4.毎月の積立額は?

  • なし
  • 1万円
  • 3万円
  • 5万円
  • 10万円


5.資産運用の目的は?

  • 余裕資金を着実に運用
  • 住宅購入のため短期的に運用
  • 退職金をしっかり運用
  • 子供のための長期的な資金づくり


6.株価が1ヶ月で20%下落したら?

  • 投資資産をすべて売却する
  • 投資資産を一部売却する
  • 何もしない
  • 追加投資を行う


この6つの質問に答え終わると、リスク許容度を5分の1~5分の5で表示されます。また、「460万円の投資額が、70%の確率で752万円以上になります。」といった具合に表示されるので、良ければ次へをクリック。そのまま無料で口座開設(最短3分で完了)を申し込めば診断結果から出た最適な投資を開始することができます。

WealthNaviの口座開設

  • WealthNaviの公式サイトにアクセスします。
  • 6つの質問に答えます。(約1分)
  • メールアドレスの登録をします。
  • 本人確認書類の登録をします。
  • 銀行口座等の入力をします。
  • 簡易書留を受け取ります。(最短2日)
  • 指定の口座に30万円以上入金したら取引スタートできます。

診断⇒口座開設⇒取引開始まで手間なく簡単にできます。本人確認書類(マイナンバー通知カード+運転免許証ORマイナンバーカード)、メールアドレス、銀行口座を事前に用意しておけばよりスピーディーに口座開設完了できます。

WealthNavi のメリット

WealthNaviは今話題のロボアドバイザーの中でも絶大な支持を受けています。メリットも多いので、銀行預金の利率に満足していない人は検討してみるのもいいと思います。

全てが自動化されている

WealthNavi では資産運用にかかる手間、富裕層が利用する金融アルゴリズム、感情による判断ミス防止などが丸々自動化されているので、従来の投資をする上での過程を全て省くことができます。つまり、忙しい人、投資経験のない人でも気軽に参入できるはずです。

国際分散投資

WealthNavi では投資先が世界中に分散されています。主要国や新興国など様々な経済成長率の国に投資することができるので、大きなリターンが期待できるうえにリスク管理も重要です。自分自身で他の投資をしている人はWealthNavi でも投資を始めることでリスクヘッジにもなります。

自動積立(手数料無料)

WealthNavi には自動積立のサービスがあります。事前に決めておいた設定額が三月26日に自動で引き落とされ、WealthNaviの口座に入金されます。2万以上になると自動で追加購入を行ってくれるので、手間がかからず毎月投資金額を増やせます。

まとめ

話題のロボアドバイザーは投資を知らない人でも簡単に始めることできます。色々なサービスが出てきていますが、一番のおすすめはWealthNavi です。最低投資額は30万園とやや高いですが、銀行に預けているお金をWealthNavi に回すという選択肢もありだと思います。期待利回りは5%前後はあるみたいですから、0.001%の預金と比較すると約5,000倍の利回りとなっています。

>>>WealthNaviの公式サイト

ビットコインが使える店舗やネットショップをピックアップしてみました(第一弾)

ビットコインが使えるお店を調べてみると意外と多くてびっくりしました。今後まだまだ増えてくると思いますが、現在使える店舗やネットショップをほんの一部(全部だとかなり長くなってしまうので)紹介したいと思います。

DMM.com

DMM.comではビットコインでDMMポイントを購入することができます。支払方法の選択画面で「ビットコインで支払い」を選択してあとは手順に従うだけで簡単にできます。

www.dmm.com

チケットキャンプ

チケット売買のサービスであるチケットキャンプでは2017年の8月からビットコイン決済が可能となりました。全世界のビットコインウォレットに対応しています。

ticketcamp.net

Touch mall

リーズナブルに買い物ができると話題のネット通販サイトTouch mall では、2016年の7月からビットコイン決済が可能となりました。また、ビットコイン以外の仮想通貨での決済も検討しているみたいです。

touch-mall.com

amaten

amazonギフト券などのギフト券、カードが売買できるamaten ではビットコインモナコインでの決済が可能です。「チャージをする」の画面から銀行振込、ビットコインモナコインでのチャージ方法が選択可能です。

amaten.com

ゴールド市場ドットコム

金、銀、プラチナの売買が可能なゴールド市場ドットコムでは2017年の4月にビットコイン決済が導入されました。ビットコインでコインを買うって面白いですよね。

Gold-Ichiba.com | 日本―格安銀貨と金貨 | ゴールド市場ドットコム

メガネスーパー

メガネ専門店のメガネスーパーでは2017年7月から全店334店舗でビットコインの決済を開始しました。コインチェックと提携してビットコインを導入したAirレジを使っています。訪日外国人の利便性を向上させるためのサービスです。

www.meganesuper.co.jp

ビックカメラ

日本の大手家電量販店であるビックカメラでは2017年の4月から一部店舗でビットコイン決済が利用可能になりました。2017年7月からは全店で使用可能となっていて実際に使用している人も結構いるみたいです。

www.biccamera.co.jp

コジマ・ソフマップ

ビックカメラの傘下であるコジマ、ソフマップでも一部店舗でビットコイン決済の導入を開始しています。多分そのうち全店舗で導入されていくんじゃないかと思っています。

www.kojima.net

www.sofmap.com

Coincheck payment

ビットコイン決済が普及している店舗、ネットショップでは、ほとんどがコインチェックのビットコイン決済システムであるCoincheck paymentを導入しています。Coincheck paymentは自分達でも導入することが出来ます。最大のメリットは手数料の安さで決済金額の1%となっています。今後もCoincheck paymentを導入する店舗が増えていくでしょう。

まとめ

今回紹介したのはほんの一部です。全国にはビットコインで決済できる店舗やネットショップが多数存在します。また、今後はビットコインに限らず、他の仮想通貨も様々な場所で利用可能になってきて、コンビニへの導入や銀行の参入など、仮想通貨がより身近なものとなっていきそうですね。とは言え、まだまだ使用目的で購入している人は少ないのが現実ですが…

FXで長期保有するのにおすすめな通貨ペアと注意点

FXというとどうしても短期トレードのイメージがあるかと思いますが、通貨間の金利差を狙った長期取引も人気です。特に日本は世界的にみても低金利なので、対円通貨ペアでの取引が人気です。今回はFXでの長期保有において、おすすめ通貨ペアや長期取引の注意点などを紹介します。

スワップポイントの高い通貨ペア

金利差を狙った取引には、各FX会社で設定されたスワップポイントが重要です。それぞれで力をいれている通貨ペアが違うため使い分けることでお得に取引ができます。

今から金利差が大きい通貨ペアを紹介すると同時にどこのFX会社がより高いスワップポイントが受けとれるかも紹介しますので、自分の取引したい通貨ペアに合わせて口座開設してください。

ドル円

もともとは低金利通貨だった米ドルですが、2016年、2017年と段階的に利上げしていて現在では日本円との金利差が大きくなっています。米ドル円流動性も高く比較的安定しているので、長期保有にも向いています。

特にGMOクリック証券では米ドル円ロングでのスワップポイントが非常に高くなっていて、1万通貨あたり50円前後のスワップポイントが毎日付与されます。スワップポイントが低いところだと数円程度なのでGMOクリック証券での取引が断然おすすめです。ちなみに米ドル円のスプレッドも業界トップクラスの0.3銭(原則固定)となっています。

トルコリラ

トルコリラ円は高金利通貨ペアとして人気です。2017年に入って力を入れるFX会社が増えています。新たに参入したFX会社、スペックを改善したFX会社。色々なFX会社でトルコリラ円の取引ができるようになったため選択肢が増えました。競争も激しくなっているため、今後もスペックを改善していくFX会社も増えてくると思います。

現状ではヒロセ通商、マネーパートナーズGMOクリック証券での取引をおすすめします。3社ともスワップポイントが高くスプレッドが狭いです。トルコリラ円の場合、まだまだスペックに開きがあるので、この3社の中から選ぶといいと思います。

ドル円

スワップポイント狙いの取引の定番である豪ドル円金利差の高い通貨ペアの中でも比較的安定していますので、南アランド円、トルコリラ円に比べてリスクが少ないことでも人気です。一時期より金利が下がっていますが、信用度は高いので、まだまだ長期保有が有効です。

ヒロセ通商やGMOクリック証券スワップポイント、スプレッドともに優秀なので、取引を考えている人はチェックしてみて下さい。

長期保有の注意点

長期保有の場合は、保有している間にある程度の相場変動は必ず起きます。余裕を持った証拠金でレバレッジがあまりかからないように調整してください。2、3倍程度を推奨しますが、資金に余裕があるのであれば、レバレッジ1倍でもいいくらいです。旨味は少ないですが、手数料を少なく外貨預金ができるくらいの感覚でいいと思います。ローリスクローリターンを心がけてください。

また、相場変動は覚悟しておいて、相場変動の度に一喜一憂することはやめましょう。ただし、全く気にしないのではなく、その通貨ペアの相場変動に関わる情報や国の金利情報などは必ずチェックして下さい。

長期保有の注意点まとめ

・低レバレッジで取引

・相場変動に一喜一憂しない

金利や重要指標などは必ずチェック

まとめ

FXで長期保有を考えている人は、通貨ペアやFX会社選びが大事です。金利差や国の信頼性などを考慮して納得のいく通貨ペアを選び、その通貨ペアを取引するのに一番有利なFX会社を選んでください。また長期保有する際は、ローリスクローリターンを心がけてください。