まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

仮想通貨で億り人になれるチャンスはまだあるのか?

2017年はビットコインのニュースが大きく報道されるようになりました。それとともに、億り人という刺激的なワードもよく耳に入るようになりました。

少額から1億円儲けたという話をきくと、自分もと思ってしまいます。それが今からでもまだ可能なのかどうかを考えていきます。

可能性は?

仮想通貨で億り人はまだ可能です。そう考える理由は、仮想通貨のボラリティの大きさです。仮想通貨は上にも下にも激しく動きます。一年で価格が100倍になるのが仮想通貨市場です。

投資で稼ぐには、ボラリティが重要になります。相場が動いてくれないと利益がのびず、稼ぐことはできません。

この点、仮想通貨は合格です。ボラリティの大きさでいえば、株やFXの比ではありません。これを活用すれば、大きく稼ぐこともできるでしょう。

とはいっても、億を稼ぐのは簡単ではありません。元手が大きくあるのなら、難易度は下がります。しかし、少ない元手から目指すとなると難易度は高くなり、大きなリスクを背負う覚悟も必要になります。

少ない元手で稼げるかについて、考えてみます。

レバレッジを使う

少ない元手で大きく稼ぐ、こう考えると、レバレッジ取引が選択に入ります。取引所はレバレッジ取引のサービスを提供しているところもあります。それを使い、大きなリターンを狙っていくのです。

レバレッジ25倍を使えば、元手が10万でも250万のリスクをとってのトレードができるようになります。利益も損失も25倍にできます。

レバレッジ取引の利点の一つに売りからは入れる、というものもあります。短期トレードでは、これが大きな武器になります。

市場が下向きの時も稼ぐチャンスがある、というのは機会の増加という点で重要です。買い一辺倒だとトレード機会は少なくなります。また、市場は下がる時は強い動きになる場合が多いです。それをつかめれば、資金を大きく増やせます。

仮想通貨市場の大きいボラリティをいかし、短期トレードを繰り返して資金を増やしていくことで、億り人を目指します。

この方法は、大きなリスクをともないます。仮想通貨のボラリティの大きさは魅力ではありますが、悪い方へ転がると一気に資金を消し飛ばし、最悪証拠金の追加払いの可能性も出てきます。払えなければ、借金です。

このリスクと向き合い、トレードのプロになるという覚悟のある人だけがレバレッジ取引に挑戦すべきです。

ICO、草コインを取引する

2017年に億り人がたくさん出た理由は、仮想通貨が大きく値上がりしたからです。その中には100倍、1,000倍にまで値を伸ばしたものまであります。それの再現を狙っていければ億の達成もみえてきます。

しかし、2018年以降に、これが可能でしょうか? 今からビットコインが100倍になる、というのは、現実的に考えると難しそうです。1BTCが1億になるということです。これはさすがに無理に思えます。他の時価総額が高い仮想通貨でも、同じように思えます。

そこで、狙うのは草コイン、ICOになります。もとの価格が低く、時価総額の小さいものなら、値上がりの幅も大きくなります。

値上がりしそうな草コイン、ICOのトークンを見定め、一点買いで資金を投入し、それが成功すれば資金が100倍、1000倍の可能性も出てくるでしょう。

しかし、数ある草コインやICOから値上がりするものをみつけるのは難しいことです。草コインやICOは情報もさがしにくく、成功をつかむのは簡単なことではありません。

草コインやICOでは、投資した資金は全て失う覚悟が必要です。ただ、レバレッジ取引と違い、こちらは元手以上の損失がないのがまだましなところです。

majimoney.hatenablog.jp

堅実にいく

無理な利益は最初から狙わず、堅実に投資をしていく方法もあります。リスクの高いものには手を出さず、価値のあるもの、プロダクトのしっかりしたものにだけ資金を投入していくのです。

一点買いもせず、投資先を分散します。例えば、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの時価総額、評価の高いものを多めに保有します。

 

majimoney.hatenablog.jp

次に今後も伸びそうなものをいくつか選び、分割して購入していきます。草コインやICOに手をだしてもいいですが、割合は小さくします。正解などそうそうつかめないと割り切り、数を増やして当たりを引く確率を上げます。

無理な利益を狙わず、その分無茶なリスクもとりません。当然、リスクの高いレバレッジ取引には手を出しません。

つまらない方法に思えるかもしれませんが、後から見ると堅実なほうがよかったというのはありえることです。

まとめ

2018年以降でも億り人になれるチャンスはあるでしょう。しかし、少ない元手から狙うとなると、大きなリスクを伴います。

本当に大きなリスクをとる必要があるのか、十分に考える必要があります。大きく稼ぎたいと思っていると視野が狭くなり、みえるものも見えなくなります。

仮想通貨はボラリティの大きい市場です。無茶なリスクをとらなくても、大きなリターンの狙える市場です。冷静に取引していけば、稼ぐことができるのです。

億り人を目指すのもいいですが、堅実にいくのが一番に思えます。