まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

仮想通貨の取引所と販売所の違いを徹底解説

仮想通貨を取引しようとすると、取引所と販売所という言葉がでてきます。同じ取引所の中に併設されている場合も多く、なにが違うのか戸惑うことかと思います。

簡単にいうと、取引所は直接取引で手数料が安く、販売所は仲介料を取られるため価格が割高になります。

ここだけ聞くと、取引所の方がよいを思うでしょう。しかし、販売所にもメリットはあります。取引所と販売所、両方の特徴をしっかりおさえておけば有利な取引ができるようになります。取引所と販売所の違い、損をしない使い方を解説していきます。

取引所と販売所は取引相手が違う

仮想通貨を売買する場所を、取引所と呼びます。しかし、取引所と呼ばれていても、その実態は販売所、という取引所も中にはあります。また、ビットコインは取引所で扱っているが、アルトコインは販売所でのみの取り扱い、というところもあります。

取引所はユーザー同士の取引です。買いたい人、売りたい人が直接売買することで、取引を成立させます。取引所はそのための場を提供してくれます。

販売所は買いたい人(または売りたい人)と、販売所との取引です。販売所が保有する仮想通貨を売ってもらうか、もしくはこちらの仮想通貨を買い取ってもらいます。

取引相手の違い、これがどこにあらわれてくるかというと、仮想通貨の価格に出てきます。取引所の場合、直接取引のため手数料は小さくなります。場を提供してくれた取引所に少額の手数料を支払うだけです。

販売所の場合はどうでしょう? 販売所は顧客と売買するために、仮想通貨を保有する必要があります。どこかから買ってくる必要があるのです。また、顧客から仮想通貨を買い取った場合、それを保管するか、どこかに売らなければいけません。

そのため、保管料などの経費が手数料となってしまいます。買うのも、売るのも、保管するのも手間がかかるのです、この点は商売をする以上やむをえないでしょう。販売所を使うと、この手数料が価格に反映されてしまいます。

取引所のメリット、デメリット

取引所のメリットは、手数料が安いことです。そのため、有利な価格で取引が成立する可能性が高くなります。また、取引所では指値を入れることができます。自分が買いたいところ、売りたいところに注文を出し、そこで取引をすることができます。

しかし、注意したいのが、必ず注文が成立するわけではない、ということです。取引所はユーザーとの直接取引です。自分が買いたいと思っていても、売りたいと思う取引相手が現れないと売買は成立しません。

指値で考えるとわかりやすいのですが、今のビットコイン価格が200万だったとして、そこに自分が安く買いたいからといって100万で指値注文を出しても、誰も相手にしてくれないでしょう。

これは極端な例ですが、取引所は相手が現れないと取引が成立しない、というデメリットがあるのです。

販売所のメリット、デメリット

手数料が高い、というので販売所にマイナスなイメージを持つ人は多いでしょう。多くの取引所が手数料無料、という表記をしているのもだまされているようで、気分がよくありません。

しかし、販売所にもメリットがないわけではありません。上記のように、取引所では相手があらわれなければ取引は成立しません。しかし、販売所はそこにあります、取引相手がいない、ということはありません。こちらから価格の設定はできませんが、取引はすぐに成立します。

販売所のメリットは、このすぐに成立するという点にあります。流動性が低い状態であっても、販売所なら売買を受け付けてくれます。売りたいとき、買いたいときに取引そのものが成立しない、という状態を避けることができます。

ただ、ここで注意したいのですが、販売所が保有する仮想通貨はどこかから調達してくる必要があります。有限であるため、買いが一方的に集中すると、在庫切れの可能性があります。販売所でも買えない可能性は0ではありません。

また、市場が暴落した場合はどうでしょう?一方的に売りがでるようだと販売所が買い取りを拒否する可能性が出てきます。商店に置き換えるとわかりやすいかと思いますが、在庫を大量に抱えすぎるわけにはいかないのです。投げ売りされる状況ならなおさらです。 販売所も絶対ではない、というのは覚えておきたい点です。

上手な使い方

上記の点を踏まえ、どう取引していくのがよいでしょうか? やはり、基本は手数料の安い取引所を使う、というのが正解でしょう。意味もなく不利な取引をする必要はありません。

購入する仮想通貨が決まっているなら、まずは扱っている取引所から探していくほうが安く買えます。ただ、気をつけたいのが取引所の流動性です。せっかく取引所で取引しようとしても、相手が現れなければ意味がありません。ただ機会を逃すだけです。

それに、手数料だけを考えて、取引所の安全性を軽視するのも考え物です。安さにつられて資金を預けていたら、取引所が破綻して資金を失う、という事態もあり得ます。

基本的に取引所を使うべきですが、その他の部分も考慮して、判断を下す必要があります。あまり推奨はできませんが、仮想通貨を取引所に預けておくのなら、なおさらです。

まとめ

取引所は安く買え、高く売れる。販売所は簡単にすぐに売買できる。それぞれ利点があります。

有利な取引を意識しつつ、両者を上手く使っていけば無駄な手数料を支払わずに、確実な取引ができます。

majimoney.hatenablog.jp