まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

仮想通貨のICOの購入方法を簡単にまとめてみた

2017年、仮想通貨とともに、ICOも大きな話題になりました。仮想通貨を使って100億円を超える資金を調達し、話題になる企業がある一方で、詐欺の話も多く耳にしました。

リスクはあるが、その分リターンも大きい、それがICOです。ICOの基本を確認しつつ、購入方法を解説します。

ICOとは

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は仮想通貨を使った新しい資金集めの手段です。事業者は仮想通貨を受け取る代わりに、投資家に向けてトークンを発行します。事業がうまくいけば、このトークンの価値が上昇し、投資家は利益を得ることができます。

IPO(新規株式公開)と似たようなものですが、違いは大きいです。ICOの場合、IPOより圧倒的に早く資金を集めることが可能です。IPOには厳重な審査がかかるため、実施まで1年以上かかるケースが多くなります。

一方、ICOには審査がありません。また、多額の資金を準備する必要もないため、実施するまでの時間を大幅に削減できます。

仮想通貨を使って募集するため、世界中から投資家を募ることができます。新しく事業を起こそうとする人にとっては、これ以上ないぐらい魅力的な手段です。

ICOのメリット

  • 大きな利益を狙える
  • 世界のICOに参加できる
  • 大金をつぎ込む必要がない

ICOを行った企業の事業が成功すると、トークンの価値は上昇します。これを売却することで、利益が狙えます。トークンの発行段階で保有しておけば、その後の値上がりへの期待は大きくなります。

投資を仮想通貨で行うため、インターネットを使って世界中のICOに参加するこができます。日本にいながら、アメリカや中国、インドなどのICOに簡単に参加できるというのは、選択支の広がりという点で大きなメリットになります。

案件にもよりますが、少額から投資できる、というメリットも大きいものがあります。このおかげで参加がより容易になっています。

ICOのデメリット

これは、ハイリスクの一言につきます。ICOの90%は詐欺といわれています。その全てが詐欺ではないにしても、事業に成功するものは10%もないでしょう。

ICOには審査が入りません。そのため、誰でもICOを行えます。そのハードルの低さが詐欺につながります。

それだけでなく、基本的にICOで集めた資金に返済義務はありません。また、投資家は経営に参加もできません。事業者側にかかる重圧は少なく、途中で放棄される可能性は高くなります。

ICOに参加する場合、この種のリスクは強く覚えておくべきです。

ハイリスク、ハイリターン、少額から投資可能というのを考えると、興味があるものに少しずつ投資というのが、一番賢明でしょうか。間違っても大金を投じるようなものではないでしょう。

ICOの購入方法

ICO購入の大体の流れを解説します。案件ごとに細かな違いがある場合もあるため、その点は参加前に確認が必要です。

  1. 参加するICOを決める
  2. ICOで使う仮想通貨を準備
  3. 仮想通貨を自分のウォレットに移動
  4. ICO公式サイトでアカウント作成
  5. 仮想通貨を送金
  6. トークン上場を待つ

注意点を解説します。

  1. ICOの選択は非常に難しい問題です。本当に上手くいくものはほんの一握りです。それをどう見抜くかですが、ホワイトペーパーを読みこむ、ネットを使って情報を集める、などになると思います。ホワイトペーパーは英語、中国語が多いです、この点のハードルも高めです。

    ネット上にはICOの紹介サイトがたくさんあるため、その中から選ぶのも手です。いずれにしても、本物を見抜くのは非常に難しいでしょう。

  2. イーサリアム、ビットコインが多いですが、案件ごとに異なるため、求められる仮想通貨を準備しておきます。

  3. ここは注意が必要です。受け取るにはウォレットが必要です。これも指定される場合があるので、それを準備しなければいけません。取引所から送ると、トークンは受け取ません。このせいで損をした人もいるようなので、注意しましょう。

  4. 仮想通貨を送るためのアカウントを作成します。案件にもよりますが、厳しい身分提示を求められる場合もあります。英語で書かれた身分証明書の提示が必要な場合、準備する必要があります。

    そのサイトが、公式サイトかどうかの確認も必要です。公式を装った詐欺サイトもあり、そこでアカウントを作り、仮想通貨を送付してしまうと、持ち逃げされてしまいます。

  5. 仮想通貨を指定のアドレスに送金しましょう。人気のあるICOだと送金が込み合い、失敗してしまう場合もあります。 トークン発行はすぐに行われるものと、期日になったら配布されるものがあります。

  6. 後はトークン上場を待ちます。トークンは、取引所に上場されない限り売買はできません。

まとめ

ICOは新しい資金調達の手段として、非常に魅力的なものです。投資する側も、仮想通貨を使うことで誰でも行えることが魅力です。

しかし、現状ではなんの法的保護もなく、詐欺や成功の見込みの低いものを選別するのが非常に難しくなっています。

大きなリターンを狙えるのはメリットですが、大金をつぎ込むべきではないでしょう。投資は余剰資金でといわれますが、ICOの場合は特にそれが重要です。

majimoney.hatenablog.jp