まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

仮想通貨のペペキャッシュとは?将来性はどうなの?

ペペキャッシュはまだ取り扱う取引所も少なく、メジャーなものではありません。しかし、何に使うかもわからないトークンが多い中、ペペキャッシュには明確でユニークな使用用途があります。それを解説しつつ、ペペキャッシュの将来性を探っていきます。

ペペキャッシュとは

ペペキャッシュ(PEPECASH)は海外の匿名掲示板、4chから生まれました。カウンターパーティー(counterparty)によってつくられたトークンです。

同じ匿名掲示板の出身ということで、モナコインとよく比較されます。しかし、モナコインが決済で使えるのに対し、ペペキャッシュは用途の限られたトークンである。という点で違いがあります。

発行上限 701,884,009 すべて発行済み
使用用途 レアペペカードの売買
取り扱い取引所 zaif

ペペキャッシュは、レアペペカードというデジタルカードの購入に使います。このレアペペというのは匿名掲示板4chで親しまれているカエルをモチーフにしたキャラクターのことです。

レアペペカードもトークンの一つです。そのため、カードをブロックチェーン上でやり取りできます。トークンの数を固定することでカードの枚数を固定し、希少性を持たせることができます。

作者、所有権などもブロックチェーンにのるため、著作権の確認もできます。アプリを使うことで、所有、取引、閲覧ができるようになります。

レアペペカードは色々な人が作った様々な種類あり、それぞれに価値がついています。高いものになると、100万を超えるものまであります。

ペペキャッシュはzaifで取り扱いがあります。そして、zaifは金融庁の認可を受けているため、ペペキャッシュもホワイトリストに入ったことになります。現在ホワイトリストに入っているのは16種類しかありません。その中に入ったというのは大きなポイントです。

ペペキャッシュの特徴

・レアペペカード
・モナと連動
・コミュニティが強い

今のところ、ペペキャッシュはレアペペカードに関することに特化されています。レアペペカードの売買の支払いにペペキャッシュが必要になります。レアペペカードは自分で作ることもできますが、登録には審査料がかかります。その支払いも、ペペキャッシュでおこなわれます。

現状では他に使い道がないため、レアペペカードと一蓮托生な形になっています。今後他の使い道ができるのかなどは全くの、未知数です。もし、それができるようであれば、ペペキャッシュの価値に大きな影響が出ることでしょう。

ペペキャッシュはモナコインと連動して動く、ということがよく言われます。チャートで確認すると、確かに同じ日に大きな上昇を見せる場合があります。2017年だけでも、5月、10月、12月に連動して強い上昇を見せました。

ただ、この時はビットコインも大きく伸びたときでもあるため、全体的に上がっただけという見方もできます。連動しやすい、というのを意識に入れておくと有利な取引ができるかも、というぐらいの認識でいた方が良いかもしれません。

モナコインと似たところとして、コミュニティが強いのもペペキャッシュの特徴です。仮想通貨ではコミュニティが重要です。情報を発信する人が多いと、その通貨は伸びていく傾向にあります。

仮想通貨は1,000種類以上あるといわれていますが、そのほとんどは知られることもなく消えていくでしょう。積極的に情報を発信してくれ人の存在は貴重、です。どんなによいものでも、誰も知らないものはないのと同じです。根強いファンがいれば、価格の下支えが強く働くことに期待もできます。

ペペキャッシュの将来性

ペペキャッシュの将来性に関わりそうなのは次の3点です。

・レアペペカードの人気
・バーンによる希少性アップ
・取り扱い取引所

ペペキャッシュは現状、使用用途がレアペペカードのみです。レアペペカードの人気がさらに高まれば、ペペキャッシュの価格も上がっていくでしょう。

レアペペカードを利用するカードゲームがつくられる、という話もあります。カードゲームは世界的に人気のある分野です。ここで火が付くようなら、ペペキャッシュの価格にも影響は大きそうです。

レアペペカードを楽しむ人が増えていくかどうかが、ペペキャッシュの未来に大きく関わってきます。

ペペキャッシュは、発行数が7億越えと非常に多いです。この点を気にする人もいるかもしれません。しかし、希少性には対策があり、burn(バーン)をおこない徐々に数を減らしていくことが決まっています。流通量が減れば、その分の希少価値は上がります。

日本でのペペキャッシュの扱いはzaifだけですが、世界的にみても、ペペキャッシュを扱う取引所は多くありません。この先、上場する取引所が増えるようなら価格上昇に期待できます。

Zaifの口座開設手順

  1. 公式サイトにアクセス
    Zaifの公式サイトにアクセスして、「無料登録はこちら」をクリック、メールアドレスを登録します。登録したメールアドレスにメールが届きますので、そこに書かれたURLにアクセスします。

  2. 基本情報の登録
    氏名や住所などの個人情報を入力し、利用規約を確認し、同意をします。

  3. 電話番号認証
    電話番号を送信して、「電話番号認証コード登録はこちら」をクリックします。SMSに届いた6桁の認証コードを入力して「登録」をクリックします。

  4. 本人確認書類の提出
    Zaifにログインして、本人確認書類をアップロードします。

  5. 口座開設完了
    上記を全てこなせば登録完了です。

まとめ

ペペキャッシュは、トークンの中で使用用途が決まっているめずらしいものです。まだまだ知名度が低く、今後どうなるかも不確定な部分が大きいです。

しかし、強いコミュニティ、明確な使用用途があるのはプラスポイントです。今は時価総額も低めで割安感もあります。少額の長期投資先として考慮するには、よいトークンの一つではないでしょうか。