まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

FX会社を信頼性(資本金・自己資本規制比率)で比較してみました

FX業界では2010年の2月から全額信託保全が義務化されています。全額信託保全なので信託先の銀行が投資家の資産を管理していて、もしもFX会社が倒産してしまった場合でも私たちが預けていたお金は戻ってきます。

金融庁に登録している国内のFX会社ではすべてこの仕組みとなっていますので、倒産リスクはほとんどありません。とは言え経営状態が不安定なFX会社で取引はしたくありませんよね。と言うことで今回は各FX会社の資本金、信託保全先、自己資本規制比率などを比較表にしてみました。

資本金比較

2017年11月1日時点の資本金一覧です。

FX会社 資本金
GMOクリック証券 43億4,666万3,925円
DMMFX 98億円
シストレ24 59億6,508万円
ヒロセ通商 8億4,511万8,000円
JFX 3億1700万円
みんなのFX 21億9500万円
マネーパートナーズ 31億円
外為ジャパン 98億円
FXトレード・フィナンシャル 3億5,000万円
アイネットFX 11億円
外為オンライン 3億円
デューカスコピー・ジャパン 3億7,000万円
FXブロードネット 3億円
オアンダジャパン 2億円
 

自己資本規制比率比較

自己資本規制比率は120%以上に保つことが義務付けられています。140%以上であれば問題ないとされていますが、単純に高ければ高いほど信頼性も上がります。2017年11月1日調査です。

FX会社 自己資本規制比率
GMOクリック証券 470.1%(平成29年9月末)
DMMFX 341.9%(平成29年9月末)
シストレ24 806.4%(平成29年9月末)
ヒロセ通商 378.5%(平成29年9月末)
JFX 643.4%(平成29年9月末)
みんなのFX 144.4%(平成29年9月末)
マネーパートナーズ 410.5%(平成29年6月末)
外為ジャパン 341.9%(平成29年9月末)
FXトレード・フィナンシャル 406.2%(平成29年9月末)
アイネットFX 929.2%(平成29年9月末)
外為オンライン 590.6%(平成29年9月末)
デューカスコピー・ジャパン 265.4%(平成29年9月末)
FXブロードネット 664.9%(平成29年9月末)
オアンダジャパン 311.5%(平成29年9月末)
 

信託保全先比較

信託保全先が信頼性のあるところがいいのは間違いないですが、下記で紹介しているFX会社の信託保全先はどこも大手銀行ばかりなので特に気にする必要は無いと思います。

FX会社 信託保全先
GMOクリック証券 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行株式会社
DMMFX 日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行、FXクリアリング信託株式会社
シストレ24 三井住友銀行
ヒロセ通商 三井住友銀行
JFX 三井住友銀行
みんなのFX 三菱UFJ信託銀行株式会社
マネーパートナーズ 三井住友銀行、みずほ信託銀行
外為ジャパン 日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行、FXクリアリング信託株式会社
FXトレード・フィナンシャル 日証金信託銀行株式会社
アイネットFX 日証金信託銀行株式会社
外為オンライン 三井住友銀行、みずほ信託銀行
デューカスコピー・ジャパン 株式会社SMBC信託銀行
FXブロードネット 三井住友銀行
オアンダジャパン 三井住友銀行
 

まとめ

初心者にとってはFX会社の信頼性ってかなり気になる部分です。今回紹介したFX会社はどこも信頼性は申し分ありませんが、その中でも自分で比較して納得のいくFX会社で口座開設するのがいいと思います。総合的に比較した記事も書いていますので、参考にして下さい。

majimoney.hatenablog.jp