まじまねー。

お金に関する情報を記事にしていきます。

ビットコイン(仮想通貨)急落中国の取引所閉鎖計画と陰謀説

いきなりのニュースでびっくりしましたが、中国の仮想通貨取引所が中国政府の方針で廃止の方針を打ち出すと報道がありました。これは、本当なのでしょうか?現段階では計画をしているという内容の情報だけなので、今後の報道に注視していく必要があります。

では、今回の閉鎖計画報道によりビットコインにはどのような影響が出ているのか見ていきましょう。

仮想通貨取引所の閉鎖によるビットコインの暴落

今回の取引所閉鎖計画の影響をうけて、ビットコインは実に2割も値を下げてしまいました。それなのに、中国当局は、取引所サイトは閉鎖するが、取引自体を禁止しないというなんとも意味深なことを言っています。

要するに、ビットコイン人民元が流出してしまっては困るということでしょう。

中国当局の陰謀説

ここからは、仮説です。もし自分が中国当局の人間で、今後再び中国が取引所サイトの閉鎖を解除すると分かっていたらどうでしょう。このビットコインが下がったタイミングで買い増し、取引所サイトの閉鎖解除のタイミングで売り抜きます。

今回の中国の取引所サイトを廃止というのは、あまりにも混乱を招くやり方ではないでしょうか?実は、その混乱に乗じて、裏では莫大な富を得ようとしている人がいると考えても不自然ではありませんよね。

中国の取引所閉鎖計画によるリスクヘッジ

今までビットコインの破滅論を語っていた方々の1番のリスクが、ビットコインのマイニング能力の51%を中国が持つことになり、ビットコインそのものが中国に支配されてしまうという懸念でした。

私は元々、支配されたとしても51%攻撃等をやることによって、ビットコイン自体の価値を下げるため、そういった行動をとるメリットがないため、そこにリスクを感じていませんでした。今回の中国がマイニングからも撤退すれば、そういった意味でのリスクヘッジもできるのではないかと考えます。

まとめ

中国の取引所閉鎖計画により、ビットコインは2割程値下がりしました。ただ、閉鎖計画には不自然な点があり、今後の展開に注視していく必要があります。また、陰謀説やリスクヘッジと捉えることができるのであれば、今が絶好の投資チャンスだと言えるでしょう。この機会にビットコインを始めたいと思っている方は、【保存版】ビットコイン(仮想通貨)の始め方の記事でわかりやすく解説しています。

投資を考えるのであれば、どのようなタイミングでも動きが取れるように仮想通貨の取引所に登録だけしておくのもありです。初心者でも簡単なcoincheck(コインチェック)であれば、わかりやすいのですぐに登録できます。